変わらない九州のために
            変えていく
               新たなチカラを──地域の伝統・文化
       くらしを支える
            担い手さがし──

エリアから探す

福岡県 大分県 宮崎県 鹿児島県 熊本県 長崎県 佐賀県 沖縄県

お役立ちコラム特集VIEW ALL

[ALT]

木を切る人に聞く~林業への素朴な疑問~

福岡の八女といえば八女茶が全国的に有名だ。実際に八女に足を運んでみると、いたる所に茶畑やお茶のお店が立ち並んでいる。 だが八女にあるのは茶畑だけではない。八女には大きな杉山もあるのだ。私たちが馴染みのない、木材の業界では「八女杉」という名前で広く流通しているようだ。 そんな木材の産地である八女で、兼業林業家として働いている久保健氏に素朴な疑…

[ALT]

陶の里で未来を想ふ~後編~

決して順風満帆ではなかっただろうが、「鶴見窯元」の歴史と伝統はしっかりと受け継がれてきているようだ。次は、受け継いできたものを未来に託す番になってくる。 「息子が継ぎたいと言ってくれてます。まだどうなるか分からないですけどね。」 父の背中を見て窯を継ぐことを決意した義弘氏と同じように、息子も父の背中を見て継ぐことを考えているようだ。父親…

[ALT]

陶の里で未来を想ふ〜前編〜

福岡だけでなく世界的にも有名な小石原焼。「用の美の極致」とまで謳われたこの焼物だが、作品ばかりに目を向けてはいないだろうか。作品には必ず作り手が存在することを忘れてはいけない。 今回訪れたのは、小石原焼の窯元が立ち並ぶ東峰村で親子2代に渡って作陶を続けてきた「鶴見窯元」。この地で、父親から家業を受け継ぎ守ってきた二代目窯主「和田義弘」氏にお話…

[ALT]

絶やさず、繋いで、継いでいく。【3部】~未来編~

上野焼(あがのやき)と庚申窯(こうしんがま)の歴史を聞くと、細くも強く紡がれた物語があった。 いずれ庚申窯三代目となるであろう裕太氏だが、彼はいかにして作陶家の道に進むことを決めたのだろうか。 「最初は継ぐ気はなかったですね。大学に入って就職を考えた時に家に戻ればいいなって思った感じです。」 どうやら、意外にも最初から店を継ごうとは考…

専門家インタビューVIEW ALL

[ALT]

用の美を高める人に聞く~小石原焼の未来~

その名が世界に知れ渡り、日本を代表する焼物の一つとなった「小石原焼」。 世界から「用の美の極致」とまで称えられた小石原焼きだが、その美しい作品たちを作る職人がどんどん高齢になってきている。 作陶家という生き方を選ぶ若い世代はなかなか現れず、その伝統と歴史の後継者が不足している状態だ。 東峰村で父親から家業を受けつぎ、日々作陶に励んでいる「…

[ALT]

茶器と美を作る人に聞く〜窯のある場所〜

九州には様々な焼物が存在している。佐賀の有田焼や長崎の波佐見焼、福岡の小石原焼など様々。 どれも歴史ある焼物だが、それ以外にも福岡には歴史ある焼物が存在していることをご存知だろうか。 福岡は田川郡で脈々と継がれてきた「上野焼」。この焼物は茶器として作られてきた歴史がある。多彩な色彩の釉薬と薄作りの技術によって、器でありながら芸術品のような美…

[ALT]

緋い炉に立つ人に聞く〜ガラス職人の現状〜

はるか昔、幕末の時代に佐賀で生まれた「肥前びーどろ」。そこから数百年もの間、佐賀の地で守り受け継がれてきた。 ガラス細工といえば、江戸切子や薩摩切子、琉球グラスなど全国あらゆる所にあるが佐賀にも歴史あるガラス工芸が存在している。 1000度を超える窯のなかで硝子を操り、美しくも便利な作品を作り上げていく「副島硝子工業」にガラス職人について尋…

[ALT]

家具職人に聞く〜職人に向いてる人とは〜

福岡県に属する大川市。大川といえば「大川家具」を連想する人も多いだろう。 昔ながらの桐箪笥や現代風へと昇華された家具など、私たちの生活のあらゆる所に大川家具は存在している。 DIYが流行り自分たちで自分が使う家具を作ることも多くなった世の中だが、やはり一流の職人が作る最高の家具は手触りや質感その全てにおいて一線を画している。 大川の家具職…

お知らせVIEW ALL